April 2005–April 2012
<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
名刺 活版印刷 仕上がり
d0019441_035362.jpg
d0019441_041243.jpg
d0019441_042565.jpg

左大文字山麓の大学に勤める教員のための名刺。
用紙=ハーフエア ヘンプ 180kg
印刷=中村活字

最初のラフを見た本人からの、
大学の「大」の字を大文字に見立てたらどうか、
という個性的なアイデアから、このような文字組になりました。
左大文字山の麓にあるキャンパスで、
「大文字は古のメディアアートだ」という話を学生にしているそうです。
d0019441_0105748.jpg
イメージ写真。pic by Shigenori Mochizuki
大文字(右大文字)の上に月が昇る様子。

下は、裏面用の版です。
d0019441_045693.jpg

by agasuke_net | 2007-10-31 01:09 | Design
名刺 活版印刷 見学(t)
東銀座の中村活字さんへ。
http://www.nakamura-katsuji.com/
名刺の依頼主も京都からやってきて、
一緒に印刷の様子を見学させてもらいました。

撮影させてもらったので、写真レポ。

中村活字さんに入ると出迎えてくれる
お店の奥の方まで並ぶ活字たち。
d0019441_19292063.jpg

この引きだし、中村さんはひょいっと引き出して見せてくれますが
実は結構な重さです。
d0019441_192950100.jpg

これは活字の元になる母型。
d0019441_19302384.jpg

活字の凸部分を鋳造する雌型です。
d0019441_19304349.jpg

活字の棚を見ながら奥に進んで、
活字の鋳造機と印刷機が並んだ部屋へ。

この機械に母型をセットして、活字をつくるんだそうです。
d0019441_1931980.jpg

鋳造されて出てきた同じ形の活字たち。
d0019441_19314693.jpg

活版。
活字を組んでつくられた、今回印刷される名刺の版です。
行間や余白の部分もきっちり埋められます。
d0019441_19321761.jpg

左上に氏名4文字が大きめの活字で、
右下に組織名等が小さい活字で組まれています。
d0019441_19323147.jpg

印刷機に版をセットして、印刷スタート。
d0019441_19331245.jpg

機械が動く様子がおもしろかったので動画で。
最初に出てくる機械は、昔使われていた手動の印刷機です。


はじめに一枚ずつ紙をセットするところ、
どうやって紙を運んでいるのか不思議でしたが、
空気で吸い付けて持ち上げているんだそうな。

完成した名刺の写真は、また後日UPします。


----------
『活版工房』活版印刷を体験できるワークショップ
http://kappan.exblog.jp/

『朗文堂 アダナ・プレス倶楽部』なんと活版印刷機を売ってます。
http://www.robundo.com/adana/kit/kit.html
by agasuke_net | 2007-10-27 20:54 | Design
柳橋日和へ(t)
シェアオフィス柳橋日和のオープニングにお邪魔してきました。
建築設計白川冨川、建築写真の阿野太一さん
グラフィックのmorld 横山さん、3組の事務所だそうです。

柳橋のポテっとしたカーブとか、
隅田川のゆるやかなカーブだとかを連想させる
Rが印象的な、やさしい空間でした。
料理もやさしい味で美味しかった!
異業種の人たちで集まるのは楽しそうですね。

d0019441_21155528.jpg

昭和初期のこういう橋って、どんな人がデザインしてたんでしょう。
深川にも素敵な橋がいくつかあります。
by agasuke_net | 2007-10-27 20:53 | Design
Design Pitch Vol.4 (n)
IID世田谷ものづくり学校で開催されたDesign Pitch vol.4 に行ってきました。
ものづくり学校自体、前から気になってたけど、行ったのは今回がはじめて。

予想以上に面白い内容がいろいろ聞けて満足でした。
それぞれ面白かったのですが、中でも圧倒的にワクワクしたのが、ランドスケープデザイナー、山崎亮さんの話。
彼は、公園が多くの人に利用し続けてもらうために、来園者自身が来園者を楽しませるキャスト、あるいは、なにかを教える先生になるような仕組みをつくりだした人で、実際に来園者数が毎年伸びてるんだそうです。
ユニセフと国土交通省が共同で行ってるユニセフパークでも、例えば惨劇のあったような遠くの国の子どもも、自然の森も、腫れ物に触るように感じてしまう人が多いけど、普通に一緒に遊べる相手だということが実体験として感じることができる機会を与えていて、なんだか未来が明るく見えました。
有馬富士公園
UNICEF PARK PROJECT

11人のプレゼン内容もそうですが、それぞれのプレゼン手法を見るのも勉強になりました。

イベント終了後、一緒に行った(英語が堪能な)友人が、au design projectのコンセプトモデルをつくったBradley Fraserといろいろ話してて、最後に僕のことも紹介してくれたんだけど、、
英語、勉強しなきゃなあ。。
d0019441_21225283.jpg
d0019441_21131082.jpg

by agasuke_net | 2007-10-07 21:31 | Design
秋(t)
ジムショ
半分、外みたいなもんなので
こんなことも起こります。
d0019441_22233493.jpg

d0019441_22234865.jpg

by agasuke_net | 2007-10-02 22:59 | agasuke
中村活字さんへ(t)
活字の名刺を、と依頼があり入稿に。
d0019441_22283070.jpg

さまざまなメディアで紹介され、ワークショップも開かれ
盛り上がっている活版印刷。
デザイナーの方々の、ひと工夫施したおもしろい作品が増えてました。
今週末、東京MXテレビにも登場するそうです。
2007年10月7日(日)20:30〜「Tokyo物語」


その後、近くのARATANIURANOで、渡辺豪「境面」- 10月20日(土)
単なるツルピカキレイではない未来感。
↓こちらで展示風景の写真をみることができます。
http://ex-chamber.seesaa.net/article/57643155.html
d0019441_22284522.jpg

by agasuke_net | 2007-10-02 22:58 | Design